性病に効くお薬

性病に効くお薬

アモキシシリン

一般名はアモキシシリン水和物といい、多数の製薬会社がサワシリン、バセトシン、アモリン等の薬品名で発売している。またこれらのジェネリック医薬品としてワイドシリン、アモキシシリン、アモペニキシン等の薬品名で承認を受けている。主に10%100mg細粒と、250mg錠剤、125mg、250mgカプセルがある。また、小児の中耳炎治療にもドライシロップが用いられる。ペニシリン系の抗生物質であり、同系の抗生物質より副作用も穏やかで、さまざまな領域の感染症に重用されている。

 

リンパ管・リンパ節炎、びらん・潰瘍の二次感染、外傷・熱傷および手術創等の二次感染、咽頭・喉頭炎、肺炎、骨髄炎、前立腺炎(急性・慢性)、膀胱炎、淋菌感染症、梅毒、子宮内感染、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、猩紅熱、十二指腸、胃潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリによる感染症などに効能を示す。

 

比較的軽微な副作用としては、かゆみ、発疹などの皮膚過敏症、下痢、軟便、胸やけ、味覚異常、食欲不振、腹痛などの症状がある。まれではあるが重篤な副作用として、めまい、顔面蒼白などの症状をおこすショック、血管浮腫、全身潮紅などを呈すアナフィラキシー様症状、皮膚や粘膜の水疱・紅斑や間接痛、発熱などを引き起こす皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死融解症、黄疸や全身倦怠感などの症状を呈す肝機能障害、急性腎不全、偽膜性大腸炎、出血を伴う出血性大腸炎などの重篤な大腸炎等があげられる。このような症状が出た場合はただちに使用を中止し、医師の診断を受ける。

 

 

 

 

抗生物質が1900年代の初めに発見されてもうすぐ100年である。
その間にも医薬品の進歩は、歩みを止めずに来ている。
その医薬品は病気だけではなく、生活の質を向上させる為に開発されるようにもなった。
まつ毛育毛剤は、病気の後遺症などでまつ毛がなくなってしまった人への医薬品である。
ケアプロストは個人輸入で手に入れる事が可能だ。まつ毛貧毛症ではないが、よりまつ毛を伸ばしたい女性が積極的に購入しているようである。


ホーム RSS購読 サイトマップ